情熱家 雄真  『  一筆啓上。  』
カテゴリ別ログ_ウマイ物日記
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『 黒熊 』 (2006/07/28)

本日は晴天なり。   sakurajima


洗濯ものも、よく乾いただろう。今日の桜島!最高!キレイ!


おっス!今日は噂には聞いていたがツイニあの・・・・・・。


『黒熊』 くろくま。


“ しろくま ”っていう南国鹿児島のアイスをご存知の方は多いでしょうが


“ く・ろ・く・ま ”は、我々鹿児島県民でも知る人も少なかろう!


しかも、なんとワタクシが高校時代によく飲んでいた!?


あの店に存在したなんて・・・・。


味のほうは・・・・・ナイショ。400       くろくま


発見したお店は 鹿児島市与次郎ヶ浜


     カジュアルレストランまき


          http://www.antique-maki.co.jp/index.html


他県のみなさまに、あまりにもマニアックなカゴシマ案内すまぬ。


“ おいどんが薩摩の西郷どんでごあす! ”



                    西郷さん

スポンサーサイト
『 サバの干物 』 (2006/07/25)

オツカレ③。先日、友人から魚の干物セット 229 を戴きました。


その中に“サバの干物” が入っていたのですが・・・・。


実はサバの干物は、大好きな食べモノのひとつなんですが、


想い出としてのサバの干物は苦くしょっぱい想い出ばっかりです!


昔、幼い頃まだ親父とひとつ屋根の下258に暮らしていた頃


ワタシの家は共働きで親父の弁当を祖母が作っていたときが


ありました。ワタクシのオフクロは40歳過ぎての子ですから、


祖母は自分が小学生ぐらいで70才ぐらいの立派なおばぁさん510でした。


祖母は港町の生まれなので、魚229がほとんどの主食です!


だから親父の弁当はサバの干物を半身焼いたのと白菜の漬物を


白いご飯の上に乗っけてたいわゆる“サバ弁当” でした。


親父は田舎の貧乏子だくさんの中で生きてきたので、毎日のように


サバ弁当が続いても何にも文句を言わず、


ただただ弁当を下げて仕事に行きました。


それを眺めながら、貧乏ったらしい自分の家庭が幼いワタクシは


嫌でイヤで仕方が無かった。


しかし数年後、家族が別れて暮らすようになり祖母が僕らの暮らしの


面倒を見てくれる日々が続き、インスタントラーメン373の多い日が


続きたまにテーブルにあがる“サバの干物” 229 とタクワン


贅沢な食事にイツカラカなっていた。


高校の入りバイト代が入るようになってもイツデモ食べれるように


”サバの干物” とタクワンを自分で選び、冷蔵庫に入れて


ストックするだけでただそんな些細なことで幸せを感じていました。


いつしか社会人になり、実家に帰ると相変わらず祖母が


“サバの干物”を焼いてくれてもあまりにも、ツライ想い出が背景にあり


拒否して食べないときもあった。


しかし今は、そんな ど根性・ど貧乏 があったからこそ、


いかなる困難にも立ち向かえる!


あの時に比べりゃたいした事ねェよ!ってこれが自分のバネである。


それを認めたときから“サバの干物” 229が大好きになった。”


今では実家に帰る際につい、祖母にサバの干物を


             買ってかえろうかな!っていつでも考える。



【 幼いころの夢。 】 (2006/05/24)

おつかれっす!ワタクシ週に1度 ないし2度。必ず逢いに行くヒト 


(場所)がいるんです。


その場所は幼い貧しい頃から社会人になるまで、憧れの場所21です。


そのヒトの前で財布に相談せず 61


あれと、154これ155。そしてこっちも。157・・・・って


マイケル(ジャクソン)のように買い物が出来ればなァ!


とか自分の子供205206と日曜の朝ごはんと呼ばないで・・・・・


ブレックファースト!271なんて洒落込めたら


かっこいいなァ・・なんて想っている場所です。


幼い頃のこれも一種の“トラウマ”なんでしょうね!


旅行先でも立ち寄りたくなる・・・・。


旅先ぐらい土地のもんにシトケってセルフ突っ込みしたくなるとき


もおおございます。


いつも、このヒトは顔色が悪いけど子供好きなナイスな方です。155


 


                            45368221    x

【おいシーサー!沖縄。】美味しい処 那覇 (2006/03/31)

ハイサー!おいシーサー!沖縄。第2弾 今回は沖縄料理373といえば


 “ソーキそば”373デスネ。今まではホテルの“ソーキそば”しか


食べた事しかなかったですが、今回は、あ・た・り63


その名も“ だるまそば ”


(波之上臨海道路、琉球レザーLLA近く。)タクシー運転手さんには、知名度抜群らしい。


    肉は、つゆ5、スピード5


                 今回も354354354363ありがとう!“だるまそば”373  


                        ソーキそば



 

ページ上部に戻る▲
情熱家 雄真  © 情熱家 雄真 2017. (http://jyounetsuka.blog58.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。