情熱家 雄真  『  一筆啓上。  』
月別ログ_2007年03月分
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
“ 風の中の少年 ” (2007/03/30)

おつかっれす!鹿児島の桜がチラホラと。


今日、イベントと仕事の疲れを身体に残しながら


いそいそと仕事をこなし、詰め込むだけの昼食を摂り。


次の仕事場に向かう最中に天降川という河の河川敷に


腰掛け缶コーヒーでしばしの安らぎを感じてました。


そこに田舎の中高生らしき少年達が8人ぐらい


やって来ました。


多少悪ガキっぽい格好の彼ら。


そこの河川敷の公園に小さな誰が被せてくれたか解からない


笠を被ったお地蔵さんがいました。


そのお地蔵さんの前を通りすぎた少年たち


その中の坊主姿の一人の少年が


少年たちの群れから引き返し、


お地蔵さんの前に置かれた強風で


倒れたのであろう湯飲み者茶碗を立て直し。


自分の持っていたお茶を注ぎ


少年の群れに戻っていきました。


別に手を合わせるわけでも無く。


とっさに僕は目の前のコンビニに行き数本のアイスを買い


ベンチで仲間たちと話していたその少年を


手招きして呼び寄せて


“ さっき何故お地蔵さんの湯のみにお茶入れたの?”


少年は恥ずかしそうに答えました。


“ 湯のみが倒れてたし、お茶入ってなかったから・・。”


僕はアイスを差し出し


“ 君はいいことをしたねぇ!


 善いことをしたら良い事が還ってくるんだよ。


 だからこれ食べな!  ”


少年と僕は何となく恥ずかしそうな空気に頭だけ軽く下げ


別れた。


なんとなくこの少年から安らぎと勇気をもらった。


ありがとう少年!


             IMG_2716.jpg

スポンサーサイト
ページ上部に戻る▲
情熱家 雄真  © 情熱家 雄真 2007. (http://jyounetsuka.blog58.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。