情熱家 雄真  『  一筆啓上。  』
月別ログ_2008年09月分
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
“ とんぼのきもち ” (2008/09/29)
            " 水の中から高く広く青き空を憧れていた。
 
           羽根をもった今だからこそ、

           高く高くどこまでもいけるとこまで

           飛んで生きてぇなぁ。

           俺は停まることは あっても
              
           退くことはしたくねぇ。
            
           天敵は多いけどさぁ

           死ぬまで死ぬまで活きてやる。               

               
               とんぼのきもち             ”





 ※トンボは勝ち虫とよばれ縁起物であり、
  前にしか進まず退かないところから、
「不転退(退くに転ぜず、決して退却をしない)」の精神を表すものとして、特に武士に喜ばれた。
戦国時代には兜や鎧、箙(えびら)刀の鍔(つば)などの武具、陣羽織や印籠の装飾に用いられた。
トンボを勝ち虫とする由来は雄略天皇が狩に出かけた際に詠んだ歌が元になっている。
素早く飛び回り害虫を捕食し、
前進するのみで後退しない攻撃的な姿からともいわれる。
               
             
               
 
スポンサーサイト
ページ上部に戻る▲
情熱家 雄真  © 情熱家 雄真 2008. (http://jyounetsuka.blog58.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。