情熱家 雄真  『  一筆啓上。  』
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 応援する者 №12 】 (2006/08/13)

おつです!週末は1ヶ月振りに“ 週末博多人 ”でした。


今回は、な・なんと人生初のサッカー 228観戦に行って来ました。


アビスパ福岡の応援です!228  ebi-ta


ワタクシの所属する山笠のチームにアビスパサポーターが多く


この中心的な圭吾さん   http://keigo.client.jp/


(彼は熱い!リスペクトしている男前のひとりです!)


彼の熱烈なお誘いもキッカケですが、彼らはイツモアツい!


彼らが気持ちを懸けているものを一回体験してみかった!


というのが今回の ※衝動の原因です!


※ワタクシは自慢できるくらいサッカーをお茶の間を含み、


まったく一度も観戦したことがなかったのです。


まずはスタンドに立って” 広い!芝がキレイ!” これが第一印象。


前半は会場全体を楽しみたくて会場内をあっちこっちとうろつき 405


後半は仲間に混ざって応援しマクル! abisupa


これが今回のテーマ。


前半でルールも解からずながら、ボールを蹴る音やボールのスピードに


ただただ“ すげェ! ” の連呼。


そしていよいよ後半戦。スタンドで手を挙げたり!コールしたり。


“博多の男なら~気持ちを見せろ~


恐れることはない~サァ行こうぜ!”  a


o おいさー!オイサー!おいさー!オイサー!


って見よう見真似で応援ですよ!スタンドを見渡すと山笠の仲間達が


必死にサポーターを先導して声援をまとめている。


“ めっちゃ!かっこええ!男前!”


サポーターの人達は感動以外に見返りもないのに


ひたすら汗をかく。 声を出す。    この魂がかっこいい。



とかく孤軍奮闘しているような錯覚に落ち込むことが多い日常ですが


振り返れば必ず必死に応援しているくれる人がいる。


誰にも必ず応援してくれる存在がある。


応援している人がいるから、またその存在を感じるから


ここ一番の勝負で自分の力以上のものが発揮できることが


多いような気がする。       a


何気ない時に勇気をもらったりする。


懸命にガンバルひと。その者を懸命に手を合わせ応援する者。


どちらも素晴らしい。12番目のプレーヤー!まさにその通り。


応援する気持ちを忘れずに・・・。応援されていることを忘れずに・・・。




スポンサーサイト

コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
情熱家 雄真  © 情熱家 雄真 2017. (http://jyounetsuka.blog58.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。