情熱家 雄真  『  一筆啓上。  』
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 贅沢なメロンパン 】 (2007/01/21)

おつかれさまです。


二月が近づきセッカチな梅や桜 252が咲き始めてますが


初春と言えばメロンパンですがワタクシのメロンパン話を。


ワタクシは幼い頃からの祖父からの親子三代の血統書付き


の喘息男でした。


だから必ず季節の変わり目にはゼェゼェとサンズノ激流下り


68をしてました。


ワタクシの家は共働きの為日頃のご飯はもちろんの事、


病の看病は祖母がいつも看てくれました。


学校を二・三日休んでいると 282昼ドラの続き 55


見たくて見たくてそれはさておき。


病が峠を越えて食べ物を口に運べるようになると


祖母 510が何が食べたいねぇ!


と優しくやわらかく訊ねてくれて。


その時のワタクシは必ずコーヒー牛乳 273とプリンと


メロンパンが食べたい!


茶色の紙パックのコーヒー牛乳と三個パックのプッチンプリン


と安物の近所の商店のメロンパンです。


この時とばかりに甘えてました。


しわくちゃな手でビニール袋を下げ帰ってくる祖母。510


何故かしら幼い私にはとても贅沢なものでした。61


高校ぐらいになると恥ずかしながらも、


その祖母の優しさに触れたくて、


それで喘息が治る気がして。


ただただいつもの三点セットをおねだししてました。


それが一番のくすりでした。100


三つ子の魂73何とやら237


いつしかワタクシの中ではリポビタン的 74 なものになり!


貧しく暗黒の高校アルバイト生活時代も98円のコーヒー牛乳


と100円のビッグメロンパンが主食でした。


あれから数十年流れた今日久しぶりにメロンパンを


買いました。


大人に成った私296は名店の150円の高級364


メロンパンを買えました。


でもやっぱり近所の商店のメロンパンがワタクシにとっての


贅沢なものです。


膝にポロポロと欠片をコボしながらやわらかな想いに


ふけながらの今日のメロンパン。


            IMG_2404_sh01.jpg
想い深きメロンパン。366

スポンサーサイト


とても温かい風が私の心に運ばれて届きました0(*∩_∩*)0

ありがとう。
この、温もり。
誰かに分けてあげよぅ・・・。





(蓮まま)
2007/01/22 | URL |(trip@vkcXtX9g)
編集



幼い頃病気で学校お休みすると、いつも口うるさいお母さんは優しくなる。病院に行ってお薬をもらうと、ジョアを買ってくれたなぁ。そして、やっぱり私もプッチンプリン買ってくれた・・・。あの時だけは、なぜかお母さん一人占めできて甘えられたなぁ~。

ともぽん
2007/01/22 | URL |(trip@-)
編集



我が家の特効薬は「手絞りのはちみつレモン」でした。 摩り下ろしたリンゴと必ずセットで。
早すぎる独り立ちをしてしまった私が、たまに風邪ひいて寝込むと、やはり母が恋しくなる。
時が過ぎ、自分が母になり、看病する側になって理解できることが一つ。
「病気してる時が一番自分を必要とされてる」と。
我が子が成長して、病気した時に一瞬でも私のことを思い出してくれたらいいな、と
そう思いました。

(白蓮)
2007/01/22 | URL |(trip@-)
編集


コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
情熱家 雄真  © 情熱家 雄真 2017. (http://jyounetsuka.blog58.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。