情熱家 雄真  『  一筆啓上。  』
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『 不思議な夢を 』 (2007/02/01)

おつかれさまでござんす!2007年も残り11ヶ月。


さて昨夜見た摩可不思議 236な夢の話を!


“ 誰か覚えてませんが数人とヒマラヤ 263ほどの岩肌の


細い山道を登っている最中に雲や霧が晴れたんですよ。


そしたら隣りにもっと大きな険しい山 263が見えるんです405


そしたら急にその山 263に登りたくなって237


どうしようもなく登りたくなって363


『 あの山に登ろうか 362』って仲間に言って。


(仲間は誰だか覚えてません・・・・390


そしてシーンは 265隣りの山 263の頂きです。


今度は山頂から遥か遠くの眼下に“※マッチュピッチュ”


マチュピチュ【Machu Picchu】別ウィンドウで表示
ペルー南部にあるインカ帝国の都市遺跡。海抜 2400mの高原に位置し、石造の神殿・宮殿・水路などが残されている。観光地。


ような空中都市が見えて来て。


またまた『あーあの都市に行きたいなァ237


なんて思ったら目の前にツルギのようなロープに丸太が縦に


吊るされていたんですよ。


もちろん丸太の下はまっ逆さまに命は無いであろうの


落っこちていく高さです。


なのに、ワタクシこの丸太に躊躇することなく、しがみつき


振り子のようにゆらゆらと丸太は揺れ。


しがみつきながらも落っこちたらの恐怖におののきながらも


『こんなのって普通、迷ってから飛びつくんじゃないの?』


って頭の片隅で想いながらも・・・。


丸太の振り子はふり幅を増やし。


ビビリながらも眼下を覗けば例の“マッチュピッチュ”が


が飛び降りたら『足折れるかもな!』って距離なんですよ。


で、飛び降りたら足がジンジンしながらもどうにか着地。


そして飛び降りる前の山 263を見て237


『よく迷わずに飛べたなァ237』って考えナガラ・・・。


目が覚めて、何故か疲れてたワタクシでした。


スポンサーサイト


更なる試練に立ち向かうのね!
一山越えて、空が見えたら、今度は違う山かぁ~。
応援してるよ(*^∇゜)v


(蓮まま)
2007/02/01 | URL |(trip@vkcXtX9g)
編集



現実でもなんかとてつもなくでっかいことに
チャレンジしたいという欲望が夢に出てきたのか?もしくは、やり遂げちゃうのか?・・情熱家さんらしい夢ですね!

ともぽん
2007/02/02 | URL |(trip@-)
編集



楽しい夢・・
私もきっと躊躇なくその丸太にしがみついたと思います。。

続きが知りたいですね・・
次はどんな世界がみえるのでしょうか?
(撫子)
2007/02/03 | URL |(trip@-)
編集


コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
情熱家 雄真  © 情熱家 雄真 2017. (http://jyounetsuka.blog58.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。