情熱家 雄真  『  一筆啓上。  』
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
“ 大和によばれて ” (2007/04/10)

おつかれさまです。


先日友人の知人Fさんが来鹿ということで我が街 鹿児島の


案内を友人より頼まれFさんを本人の要望により


“特攻の町 知覧” に案内することになり2人で知覧に


行ってきました。


満開のサクラに迎えられ知覧特効平和会館へ


何度足を運んでいるが、幾度も大きな衝撃に胸を打たれる。


今回は特に散り際という視点からの桜と特攻隊が重なり


どうしようもなく胸が詰まった。


    IMG_2748.jpg       IMG_2749.jpg 


特攻隊に平和の祈願と感謝で手を合わせ。


無性に枕崎の火の神公園に行きたくなり、


この場所の沖合い200キロ先で戦艦大和が海中深くに


眠っておりその事をFさんに告げ二人は迷うことなく


車を枕崎に向かわせた。


車中の二人は


“ あの特攻隊の残された詞の数々や志に対しての


 今の自分の不甲斐なさをしきりに反省し。


 俺達も何か人の為に・・・・と気を入れ替え。   ”


気が付けば車は火の神公園の大和慰霊鎮魂之碑に


碑の前で、遥か先の大和に向かって海原に手を合わせ。


でも何故か沢山の花がある。


安部総理なども著名人の花も・・・・。


近くのオジサンが


“ 今日の午後2時ぐらいに大和が沈んだんだよ ”


2人はハンマーで頭を殴られたような衝撃を喰らった。


二人は


“ 呼ばれたんだね!大和に。特攻隊に。


 今日来た意味があったんだね・・・・。    ”


あらためて深く頭を下げ 永く手を合わせた。


『 この地球上、血が流れていない場所はないだろう。


  先人たちが未来のために守るべき人の為に


  闘ってきたんだ。


  その土地の上で僕らは今日の活きている。 


  そんなコトを噛みしめる時も必要であるような気がする。』


                            合掌 深謝


            IMG_2752.jpg
     


   

スポンサーサイト


(≧▽≦) この前私σ(・_・)も初めて知覧に行きました…
恥ずかしながら特攻隊の事など知らずにこの前知りました(+_<)色々教えてもらって改めてまた知覧に行きたいですよ(^◇^)
(YUCKY♀)
2007/04/11 | URL |(trip@-)
編集



わずか10代20代の若者が愛する人の未来を願って命を犠牲にしていった特攻隊。
沖縄戦に向けて戻らないことを覚悟して戦いにでた人たち・・・。
戦争のむごさ、命の尊さ、そして戦争で犠牲になった人々を忘れてはいけないと思います。
ともぽん
2007/04/11 | URL |(trip@-)
編集



僕も知覧に行くたびに胸が痛くなります・・・。戦争を知らない僕達には凄く衝撃的でした。本当に世界平和を願いたいです。
(ひろぼー)
2007/04/11 | URL |(trip@-)
編集



知覧私も行きました!特攻隊の命をかけた生き方に、なんとも言葉が出ず、その場でただただ涙が出たのを覚えています。今の平和な生活に、どれだけ贅沢な暮らしをしているかを考えさせられますよね。鹿児島へ行く機会があればもう一度行きたいと思います。

(ビール一番)
2007/04/12 | URL |(trip@-)
編集



先日のツアーで案内していただき同じ気分で手を合わせました。時々は行きたいところです。それにしても偶然が多いようですね。
(リキ)
2007/04/12 | URL |(trip@f4RRH762)
編集


コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
情熱家 雄真  © 情熱家 雄真 2017. (http://jyounetsuka.blog58.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。