情熱家 雄真  『  一筆啓上。  』
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
山笠日記『 追い山 』 (2007/07/20)

オイッサー×2 222。 “ 追い山 ”での出来事。


昨年の7月16日つまり昨年の追い山の翌日に立てた


今年の追い山の目標  ” 東長寺の清道を獲る! ”


つまり山笠の三つの清道のひとつで山笠を担ぐという事で


ある。※清道は山に出る人間では誰しもが獲りに来る場所


なので勢いだけでは簡単に獲ることは出来ません。


こういう大きな目標を目の前にした直前ではワタクシは


“ 無 ”になって本能とか感覚に身を任せるように


心掛け集中します。


いよいよ追い山が動きだす5分前。


意味も無くある先輩が気になり動きに付いてまわる。


山の集団よりはかなり先の場所で待機しながら


“ 5秒前!4・3・2・ヤアー!! ”


と山が動きですのを比較的冷静に見ている自分。


近くの道端のポリバケツから水を肩に足にかぶり


走りだす。


このカーブを曲がればいよいよ目指す清道、


先輩から教わった場所で山に付く(山笠を担ぐ)準備。


“ 山が来た! ”気が付けば自分を後押ししてくれる


先輩達や仲間たちの顔がチラホラ見える。


そして“ 肩を叩いた! ”(山笠を担いでいる者に交代しろの


意味である)山に付いた!!


清道の折り返しを回るところで自分が肩を叩かれた!


赤手拭(役員)が肩を叩いた者を怒鳴る。


『 いまカーブだろうが!こいつが付いとうだろうが!! 』


どこかで聞いた台詞 !?


そう先日自分が逆に叱られた事である。


自分は先日の教訓を生かしカーブに入れば交代出来ない。


そのことは身で憶えていた。


遂に1年越しの目標が叶った!


最高の山笠を終えることが出来た!


15日 追い山の教訓


『  失敗が成功を生む! 』

スポンサーサイト


フィナーレ、テレビで見ましたよ。
凄い気迫と勢いと熱気で見ている私も興奮してしまいました。
ふんどし姿は山笠が一番よく似合うと思いました。
お疲れ様です!

ともぽん
2007/07/22 | URL |(trip@-)
編集



凄い臨場感、ドキドキしました。
目標かなったんですねv-218

来年は応援にいきますよ。
(るち、)
2007/07/22 | URL |(trip@-)
編集


コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
情熱家 雄真  © 情熱家 雄真 2017. (http://jyounetsuka.blog58.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。