情熱家 雄真  『  一筆啓上。  』
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
“ 生きて生かされて ” (2008/01/31)

生きて生かされて


事故 病気 自殺 戦争

何だかの理由で

明日の太陽を迎えることが出来なかった人


誰しも自分の周りに一人は

そんな人の存在があるでしょう。


自分ですら明日の太陽を迎えられる

保証など誰にも何処にも無い。


明日の太陽を迎えることが

出来なかった人たちのキモチを背負って

また戴いて生かされているものは生きねばならない。


生かされているからには

何だかの使命があるはずだろう


野に咲く花も

遠くの山に咲くいっぽんの桜も

人を和ませることもある



使命なんてなかなか自分で気付くものでは無い

生涯かけて気付かないこともあるでしょう



だからこそ、

周りをシアワセを与え自分が幸せを感じさせることで

生きてる自分を生きながら

供養していかなければならないような気がします。



生かされているには必ず理由がある

その理由に気付かねばならない。



生きて生かされて
スポンサーサイト


ありがとうございます。
わたしが代わりに生かされている、
そう思うことは多々ありました。
本当にありがとうございます。

わたしが幸せになることがあの子の一番の幸せなんですね。

ありがとうございます。
(あやめ)
2008/02/01 | URL |(trip@-)
編集


コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
情熱家 雄真  © 情熱家 雄真 2017. (http://jyounetsuka.blog58.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。