情熱家 雄真  『  一筆啓上。  』
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
“ トミばぁちゃんへ ” (2009/01/05)
『 どんなに名誉も地位も手に入れても
  
  どんなにがんじがらめに生きても
  
  どんなにくそ真面目に生きたって

  にんげん最後は
  
  小さな真っ白いつぼの中じゃねぇか

 
  ならば
 

  もっと自由に
 
  もっと気持ちが温かくなる方に
 
  もっとキモチを飛ばして

  
  生きて活きて
  
  真っ白な灰となるまで

  俺はいのち燃え尽くしてやる。           

    
  それが僕のあなたへの御礼です。

  僕があなたの娘の胎内に宿ったその日から

  今まで
  
  大きな愛と深いやさしさをたくさんありがとう。 


  いままでも
  
  これからも
  
  いつまでも
  
  あなたのことを

  僕は愛して愛して止むことはない。      

  トミばぁちゃんへ                 』



~明治の女 トミばぁちゃん 2009年1月3日 眠るように永眠。~
  


P1040137.jpg
スポンサーサイト

コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
情熱家 雄真  © 情熱家 雄真 2017. (http://jyounetsuka.blog58.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。