情熱家 雄真  『  一筆啓上。  』
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
“ 三途のTaxi ” (2009/09/30)
 僕は死んだ。

 いや、死んでいた。

 三途の川ということばはあるが

 自分の場合はTaxiであの世に向かった

 隣りの席にはガイドのような存在の女性が。

 どうやら通夜の夜らしい、

 
 “ 短い人生だったけど、

   あいつは目いっぱい人生を愉しんだよ。 ”


   おふくろが通夜におどづれる人達にそう告げる


 “ そうですね、

   彼は濃い人生でしたね、短かったけど・・。 ”


  そう自分の仲間たちも

  自分自身を納得させるかのように

  そうつぶやく

  僕は、その光景を

  ビルの3階ぐらいの高さから眺めながら


  “ そうだよな、

    俺の人生まだやりたいことあったけど

    十分人生愉しんだ!

     これがエンドロールならそれもよし。 ”


  すこしのサビシサと満足感で

  僕はキモチがいっぱいになっている。



  次のシーン


  白い服で身を固めた老紳士のTaxiドライバーが

  運転する車の中に
 
  僕がいる。

  後ろからオフクロや友人知人を乗せた車が続く

  その時、


  “ あ、あの人にこれだけは伝えなきゃ。”

  そう想う。

  そして、Taxiの中から後ろに続く車に向かって

  その想いを叫んだ

  ナビゲーターらしき女性が静かに


  “ 叫んでも無駄ですよ!聞こえませんから ”


  諭すように僕をなだめる。

  その瞬間、

  老紳士のTaxiドライバーが僕に振り向き

  優しくやさしく、話しかけた


  “ 強くつよく想ってください。 

    これからは強くつよく想ったら

    その想いが相手に必ず通じますから

    やってみてください。  ”

 
  言われた通りやってみた。

  
  そしたら“ その想い ”が通じた。

 

  ~Dreamcatcher 昨日見た夢~


 
スポンサーサイト


いつも


いつも


いつも。


あなたの ことは 忘れないよ…

(k.oda)



だから


想いは 届くし


思えば 通じる。


必ず、ね。





(あらき、)
2009/10/02 | URL |(trip@-)
編集


コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
情熱家 雄真  © 情熱家 雄真 2017. (http://jyounetsuka.blog58.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。