情熱家 雄真  『  一筆啓上。  』
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『 手灯明  』 (2010/11/13)

『 幕末、三条実美(さねとみ)ら5卿を守るため

  
  太宰府にいた西郷が、道真公の命日(2月25日)に、


  手のひらに菜種油を注いで灯しんを浸し、


  手が焦げるのも我慢して一晩中祈りをささげた


  というお話です。      』


 
 実は昨日、ある人に“ 守護霊 ”を見てもらった。


 手にランプを持ちマントを着た西洋の


『 道先案内人 』のようなひとが


 僕をリードしてくれているらしい。


 自分は いつしか


 “ 川から田に水を牽くために鍬を入れる!! ”


 そんな作業が好きであるし、使命だと思い入れある。


 道先案内も意味合いは同じであろう。


 自分はランプというより


 行燈のイメージが強かったけど・・・。

 

 そして今日


 初めて知った言葉


 “ 手灯明 ”


 これには、参った。ビビった、


 これもメッセージなんでしょうね、


 マントさん。


 “ 覚悟を決めろ!! ”って強く深く


 言われた気がした!!!

 

 実際、西郷どんがホントに手灯明したか


 どうかは別として


 それぐらいの男であった。


 というのは確かであろう


 恐るべし西郷どん。

 

 そしてマントさん


 如何なる手段を用いて


 メッセージくれてるんですね!!


 ありがとう、これからもよろしく!!!
スポンサーサイト


手灯明・・・。雄真さんを見ていてイメージが重なる人物がもうひとりいます。千光寺の大円さんという人。彼もとてもserviceableな人です。
(Kokopelmana)
2010/11/14 | URL |(trip@-)
編集


コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
情熱家 雄真  © 情熱家 雄真 2017. (http://jyounetsuka.blog58.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。