情熱家 雄真  『  一筆啓上。  』
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いっぽんどっこの唄 (2011/01/20)

いっぽんどっこの唄


星野哲郎 作詞

富 侑栄 作曲


水前寺 清子



ぼろは着てても こころの錦

どんな花より きれいだぜ

若いときゃ 二度ない

どんとやれ 男なら

人のやれない ことをやれ



涙かくして 男が笑う

それがあの娘にゃ わからない

恋だなんて そんなもの

いいじゃないか 男なら

なげた笑顔を みせてくれ



何がなくても 根性だけは

俺の自慢の ひとつだぜ

春が来りゃ 夢の木に

花が咲く 男なら

行くぜこの道 どこまでも





いっぽんどっこの唄
スポンサーサイト

コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
情熱家 雄真  © 情熱家 雄真 2017. (http://jyounetsuka.blog58.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。