情熱家 雄真  『  一筆啓上。  』
カテゴリ別ログ_語録のような日記
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「  鼻水トナミダ   」 (2011/07/05)



鼻水の目的は…。

「鼻内部を洗浄すること」であると本で見かけたことがございます。


では


涙の目的は…。



「 こころを洗浄すること 」

「 こころの温度を調整すること 」であると本には書いてございませんが



そのように常々感じております。




泣けるということ

泣くということ


まだ泣けるうちが華なのです。



どうぞご存分に

笑い涙・くやし涙・悲しみの涙を、



うれしなみだを。













くるり - 言葉はさんかく こころは四角 オーケストラVer.
『 逢う 』 (2011/07/04)




  そりゃこんな時代でございますから


 伝えたいことはメールや携帯で済むことも多々御座います。

 

 だけど目を見て話さないと伝わんない温度がございます。



 
 絵文字では補えないなにかがあるんです、そこに。


 


 『 逢う。』ということ。





  大切なこと、



そこがわたしのPower Spot (2011/07/02)




広くてキレイな本屋

ソファーのあるカフェ

お気に入りのカウンターのある店

山の上のBAR

クラムチャウダーのうまい店

仲間とごみ拾いしてる場所



ぼくにはたくさんのPower Spotがある。



他人様が決めたパワースポットよりも


自分が充電できる場所


自分のPower Spotを見つけてみようよ。



あなたに逢える場所


そこがわたしのPower Spot


そんなのもいいんじゃない。





さぁて、出掛けるか!!
『  運・宿・いのち  』 (2011/06/30)













  運命と宿命のあいだで、どのように人を愛で どのように己を愛でるか。











110629_1914~030001


素敵な写真を頂いたので。 39→R&K


蒼氓  山下達郎
『  引と斥の力   』 (2011/06/28)



引力と斥力



大我には引力が生まれ

小我には斥力が生まれる。




感謝には引力が生まれ

傲慢には斥力が生まれる。



すべての引力を生み出すことば




『  ありがとう  』

『 Cup of Dream 』 (2011/06/26)




  本日、

  
  夢が叶い。


  また夢が叶う。




  ひとつは約15年前からアタタメテあたためて


  大事に育てた夢のステージ




  先の事は誰にも誰しもわからない


  
  だから、この時間を



  最大に

  エレガントに

  優しく


   
  愉しみたい。





  ふり。 (2011/06/22)



知ったふり

わかったふり

元気なふり

大人なふり

冷静なふり


……ふり。



この“ ふり ”って奴は

意外と厄介なんだよなぁ。



使い過ぎるとそのうち

どれが本当なのか

わかんなくなっちゃうんだよ。



なるべくなら

使わない方がいい。


とは言え

ご利用は計画的に、






P5262899_convert_20110622210125.jpg
『  チョロQ  』 (2011/06/20)





たとえば、

眼前の進みたい方向に

身の丈ほどの

壁が現れたとしましょう。




自分なら

まず、後ろに下がり

その壁の大きさを目測で測り




その大きさに応じて助走をするでしょう。

そして両手を伸ばして

大きくJUMP



きっと



そうします。






バッターだって


ゴルファーだって





前に前に


大きく飛ばしたいはずなのに




まずは大きく後ろにtake backします。





なにか大きく前に進もうとするならば




一度後ろに下がることも



多々あるのです。




とても必要なことなのです。






どうか、どうか



怖れず腐らず

決して恥じることなく




胸張って

たのしんで




後ろに下がることを




受け入れたいものです。

『 一枚の名刺から、  』 (2011/06/19)




今日は、一日寝たり起きたり

そして映画を観たりと

なんてことの無い一日を過ごしてました。


実は昨夜から今まで映画を3本も観てしまった



やらなきゃいけないこと

やりたいこと



たくさん棚に積み上げているのに

またさらに棚に積み上げて。




“ まぁこんな日もあるさ!! ”




17時37分


知らない番号からの着信


電話に出ると知らない声、女性の声

すこし話しを聞いてみる。



ある街の道の駅の横にあるCafeの壁にたくさんの名刺が

足跡のように貼ってある。


先月か、その前ぐらいに自分の名刺も貼っていたのです。




そこに遊びに来たその女性は何か自分の名刺に興味を持ち

手にとって眺めたらしい、

何かを感じて思わず電話してしまいました。



そんな訳らしい。



62歳の医療系で働いていた女性。


すこしだけ問題を抱えていて何か背中を押してもらえるのでは、


そう直感で感じたらしい。



約1時間ほど


彼女の身の上をお聞きして


自分の感じたメッセージとエールをお伝えしました



すごく喜んでくれて声色も明るくなった。




また電話してもいいですか?


もちろんです。




何だかこちらこそ、

ありがとうである。


“ 感じてすぐ動く ”


尊敬の念である。




自宅で何となく過ごしていた時間が


とても意味ある時間に思えてきた。



彼女は

自分の年齢をとても気にしていたけど

大事なことは



“ どう始めるかではなく、どう終るかである。 ”



昨夜観た

1本目の映画で登場したセリフ、








レミオロメン / ありがとう Live Movie
『  しあわせの近道、  』 (2011/06/18)









どうしたら、しあわせになれるかって?














まぁ とりあえず

余計なこだわりとか執着を

捨ててみたら。

ページ上部に戻る▲
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。