情熱家 雄真  『  一筆啓上。  』
カテゴリ別ログ_イベント報告書
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“ ぼくたちがサンタになれた日 ” (2009/11/23)


“ ぼくたちがサンタになれた日

  たくさんのこどもたちの笑顔が咲きました。

  そして、ぼくたちは

  たくさんの勇気をいただきました。

  ありがとう!! こどもたち&仲間たち。 ”
    
  

    2009・11・21 
             愛の聖母園にてクリスマスイベント開催

  

  
   special Thanks  to 

   大阪・北九州からの有志

    プロレスラー山上康弘 http://yasuspirits.blog65.fc2.com/

    そして  my companion 


PB210497.jpg


“ 気張いやんせNight ”とは・・・。 (2008/12/08)
2008年11月29日 気張いやんせNight初の児童養護施設での

LIVE開催を致しました。

そもそも、

気張いやんせNightとは・・・


2006年8月、mixiに“ 気張いやんせ 長渕 剛 ”という

剛さんFANの交流の場のコミュニティーを立ち上げました。


そのキッカケは、自分自身が

度々『長渕 剛』さんの唄にココロを動かされ、

人生の荒波を乗り越えたり、耐え忍んだり、

また、時には愛するひとへの想いの丈を重ねたりして、

覇気を高めたりしたことが幾度となくありました。


そこで、もし自分と同じ様な想いを経験した人達がいるならば

その高めた覇気を源に、力をいただいた唄への

恩返しとでもいいましょうか。


いや、そんな大袈裟なことでは無く。

『 今のささくれたこの世の中へ対し、

  このコミュニティへ集う者たちが想いの方向を合わせ

  ひとつの力にして 何かしら

  心アタタマルことが出来れば!・・・。』

そのような想いからこのコミュニティーを立ち上げました。


2007年に入ると

コミュニティーのメンバーも200人を越え

その中には、唄うことやギターなど楽器を愛し、

弾き語りを各地で行うたくさんの仲間との出逢いがありました。


好きな音楽と気の合う仲間に囲まれ音を楽しみながら、

その上このイベントがすこしでも社会貢献できればいいなと。

そして、そんな特別な夜を迎えたい!!との願いを込めて


“ 気張いやんせnight ”


その中で、『僕らでLIVEをやろう!!』と話が上がり、

それなら、

『自分たちのコミュニティーのテーマに沿って、

 収益の一部と志をチャリティーしよう!!』 と活動を開始。


同年3月に鹿児島にて初のLIVEイベント開催

参加者の中に、重い病をかかえながらも、

『病院の大事な検査より、このLIVEの方が何倍も薬になる』と

他県遠方から参加いただいた方がいらっしゃいました。


このイベントに賛同して協賛としていただいたTシャツを

その方に渡し、 LIVEのアンコールで、参加者全員で

がんばれのエールを唄に変えて大合唱しました。


それから、

5月 博多・6月 熊本・人吉の国宝神社境内と二度開催しました。


その第2・第3回のLIVEの収益と志を、障害者スポーツへ

寄付させていただきました。


第4回の開催となった2008年6月23日は

コミュニティーのメンバーでもあり、 そして初回のLIVEからの

出場者でもある車イスランナー廣道 純さんが

シドニー・アテネと過去二度連続のパラリンピック 出場に続き

北京パラリンピックの出場が決定したこともあり、


『廣道 純 北京パラリンピック壮行会 』と称して開催しました。


この第4回では

鹿児島市の児童養護施設 愛の聖母園のこどもたちに

ギター・ハモニカなどをプレゼントさせていただきました。


ステージからの視線というものもいい経験になるのでは!と

急遽ステージで一緒に唄ったりもしました。


また、ただ楽器をプレゼントするだけでは

何か物足りないような気がして

今度いっしょに楽器に触れ合おう!愛の聖母園へ遊びに行くよ!と

約束を交わしました。


そして2008年11月29日

当初は愛の聖母園で楽器と触れ合おう!という企画でしたが

廣道純さんが、

『壮行会で子どもたちからもらった熱い声援の御礼と

 北京パラリンピックの報告もしたい!』と要望があり

また愛の聖母園の先生から

『是非こどもたちに生のバンドの音の迫力を体験させたいので

 演奏を是非お願いします。』とのお話もありまして、

クリスマスプレゼント企画として

『LIVE&トーク&クリスマスケーキプレゼント&

 楽器とふれあおうコーナー』と、盛りだくさんの

 イベント内容となりました。


そして、今回のイベントはどのようになったかというと。


いつものライブとは違う環境ということと

ライブを初めて経験する子どもも大勢いたりということで

僕たちには、かなりの緊張感がありました。


Live開始直後はドラムの大きな音に耳をふさぐこどももいましたが

すぐに大きな音にも慣れ、馴染みの曲になると、身体を揺らしたり

拳をたかくあげてみたり手拍子でリズムを取ったりと

個々に音を楽しんでくれました。


弾き語りでは静かに小さなひざを折り体育座りで耳を傾け。


また子供たちへのメッセージをしたためて創ってきた仲間も

その唄に赤裸々と想いを込め熱唱しました。


その唄では子どもたちより先生方が聴き入ってました。


そして、廣道 純のトークショーでは


初めて目の前で見るオリンピックのメダルに目を輝かせ。

困難の乗り越え方の話では大きく頷き。


そしてお待ちかねのケーキの贈呈では

鹿児島市の洋菓子店 パティスリーヤナギムラさんが

この活動の主旨に賛同していただき

“ しあわせのたまご ”という素敵なネーミングのお菓子を

100個提供してくださいました。


真っ白な白衣のパティシエさんから

こどもたちにしあわせになるようにと手渡ししていただきました。


こどもたちの中にはあまりの美味しさに6個も食べた子もいて、

くちのまわりや小さな指先にクリームをたっぷりつけたまま

はしゃぎ出す子もいたりしました。


楽器とふれあおう!のコーナーでは

アコースティックギター6本・エレキギター・ハモニカ・ドラム・サックス

・キーボードを準備しましたが、 一番人気は、やはりギターでした。

子どもたちはそれぞれお目当ての楽器の近くに寄ってきては

「教えて~」と言ってくる子や置いてあったホルダーに付けた

ハモニカで オリジナル?の曲を吹きながら腰を振って

おどける子などもいたりしました。

そして、今ステージで行われたLIVEの様子を

誰が教えたわけでもないのに、真似するかのように

ストラップを肩からまわし、 ただジャガジャガと独特のリズムで

ギターを掻きむしる少年たちがそこに現れました。


やがてイベントが終わりに近くなり、

ステージの機材を片付ける中、

まだまだ子どもたちの笑顔は絶えることが ありませんでした。


最後にその園の門を出終わるまで、


『また来てね!』

『また来るよ必ず!』と


笑顔の子どもたちを後にしました。



最終的には仲間たちが図書室へと持ち寄った文庫本など約50冊。

そしてこのイベントに賛同してくれて

岩手や山形の友人たちから送られてきた真っ赤なりんご。

桜島の画やたくさんのアーティストから戴いた子どもたちへの

メッセージ入りCDなどそれぞれの想いが込もったプレゼントを

たくさんすることが出来ました。


このクリスマス企画を考えた当初は

小さな身体に大きなさびしさを背負ったこどもたちが

すこしだけほんのすこしの時間でも 笑顔になれたり、

何かに向かってがんばっている大人の背中が見せれたらなんて

もしかしたら

偽善的な自己満足な考えでスタートしたのかも知れません。

しかしながら、

ひざに穴のあいたジャージを着ていても

夏のひまわりのようなキラキラと眩しい笑顔にふれて


そんなことはどうでもよくなった。


ただ単純に楽しかった。


僕たちの方が多いに力をもらった。


がんばっているこどもたちの背中を見せ付けられた。


元気と勇気としあわせを僕らがもらった。


大きな声で“ ありがとう!”って叫びたくなった。


2008年11月29日

すこしだけ寒い日の午後


たしかにあの場所にはたくさんのありがとうがあふれていた。



追記  パティスリーヤナギムラさん

    フラッグタナカさん
     
    山形・岩手の仲間
    
    たくさんの心あるアーティストのみなさん

    気張いやんせ 長渕剛コミュニティーの仲間たち

    気張いやんせNightの同志たち

    上原先生をはじめ

    心優しき大人たち

    そして 美しい瞳のこどもたち

    
携わってくれた全てのみなさまのあたたかさに

心から深謝いたします。


今後ともこの活動を微力ながら続けさせていただきます。

みなさまのご理解とご協力にいつも支えられております。



         気張いやんせNight実行委員会 代表 情熱家 雄真
“ 気張いやんせNight IN 鹿児島 ” (2007/03/04)

“ 気張いやんせNight IN 鹿児島 ”


             開催決定!!

     【 LIVE&トークライブ 】


長渕剛ファンによる長渕剛ファンのためのLIVEです。



日時:2007年3月24日(土)

時間:開場 19:00 開演19:30

会場:シェルター(鹿児島市天文館)         


 http://kagoshima2.com/shelter/pc.html

料金:3000円(要1ドリンク)

ゲスト:DJエイジ(FM 福岡 スマッシュウェーブDJ)  


       長渕剛桜島オールナイトコンサートオープニングDJ


             IMG_0020.jpg

    
http://www.fmfukuoka.co.jp/dj/eiji.php
    
    廣道 純(車イスプロアスリーター
         アテネオリンピック銀メダリスト)  


      情熱大陸出演  “ どうせ、生きるなら” 箸者


        profile_2005_image2.jpg

    
http://www.jhiromichi.com/html/profile.html




定員:50名


※『あの場所やこの場所 !!


        剛さんゆかりの地ツアー!』

※オプションツアー(実費のみ)
 24日の昼もしくは25日の昼に決行いたします。

“剛さんゆかりの地ツアー”

ご希望の方・問い合わせなどは

“ 気張いやんせ 長渕剛 ” 


 申し込み・問い合わせ先


主催  情熱家 090-5749-7585 


【 “SO” LIVE 開催 】 (2007/02/17)

“SO.”LIVE IN J-POP CAFE


胸の奥に秘めた切ない恋愛感情や、何気ない日常に溢れる風景に絶妙にシンクロして紡ぎだす詩とメロディー。
 


SO.(カツヒロ: Vo/Gt、ペペ:Gt、アクセル: Ba)がおりなす温かなサウンドは聞いた人の心をつかんで離さない。
 


2007年 3月27日(火)
鹿児島中央駅 AMUプラザ内
  J-POP CAFE      tel 099-812-7252

  OPEN : 19:45
  START: 20:00

 2,000-(要1Drオーダー) 当日券のみ

 ※3月27日 FM かごしま


【FEEL THE MUSIC DA 19:00台 出演予定】


 問合せ先:『情熱家』 090-5749-7585

 SO. profile
 2000年に松本勝大(Vo/Gt)を中心に結成。

 2004年2月に


初のフルアルバム「NEW AGE UN SOUL」を リ リース。


幾度かのメンバーチェンジを経て、伊藤知顕(Gt)
 田中 真一郎(Ba)を主力メンバーとし2005年6月
 
セカンドミニアルバム「Mellow Yellow」のリリース。
 その後も総計約  50本のライブツアーを行いながら     現在も精力的に活動中!
            20070217172622.jpg
            

『アゲアゲハカタnigtht!』 (2006/05/10)

おつです!昨夜は先日の“もののふの影” にて紹介しました。


EIJIさんの誕生会384でしたのでIN博多した訳ですが、


いやァー熱い熱い夜41でした!約1クラスぐらいの貸切でしたが


みんな呑む306飲む306


8時~2時すぎまで6時間しかも1件で!


主役の登場と同時にクラッカー314BIRTHDAY 269SONG264 に包まれたサプライズSTARTでした。


あっちもこっちも笑顔411・笑顔笑顔15


土佐の“よさこい節”まで流れる!?


アゲアゲな夜でした。ta


参加者のミナサマおつかれさまでした。


今日の仕事は睡魔 395 との闘いだったコトでしょう!


しかしあれ程、主役が喜んで398、それを見た我々も喜んで!14


シアワセ普及委員会344でしたね


カゴシマに帰ったワタクシは今夜は仕事!?のおつかれさまー会です!ウコン畑作ろうかなァ!

【報告書】Thank you party ~オメデトウ完結編~ (2006/05/05)

おつかれーす。前回の続編・・・・。


ケーキ274という獲物に集まったピラニア化したKIDS229がひとりが


“パクッ”またひとりそしてまたひとり・・・。


もうすでにケーキは瀕死状態です。一時ケーキは避難させました。


サプライズゲスト第2弾 新婦の大好きなスカバンド ARTS ボーカルBONさん


の登場です!http://www2.synapse.ne.jp/arts/


405拍手・拍手424。アンコール含む2曲の


アコースティックLIVE!269そしてもうひとり


サプライズゲスト第3弾 (名前は来場みなさんのみぞ知る。)319


アコースティックLIVE!269


アンコールでエイジさんと新郎さんと情熱家とゲストの4人で“乾杯”を熱唱!


途中、参加者と新婦がステージ横にて手話にて“乾杯”を熱唱!


場内がヒジョウにあたたかくやさしい空気に包まれる。


そしてアトラクション第2弾


“参加者全員参加の100円ジャンケンゲーム”220221222開催


途中の敗者復活戦もあり(何回もTRYしては撃沈・・悔し泣きの子供続出。406


勝負の世界のキビシサ!404準決勝ぐらいから新郎も20,000円を握り参加。


なんと新郎が決勝戦に・・・。場内はご祝儀の意味合いで新郎を応援


のムード。3回勝負のジャンケンを制したのは・・・新郎。191場内オオウケ。


賞金総額 6153、000円


サプライズゲスト第4弾   新婦の友人


書家 “よか風 中島 広輝さん” http://www.yokakaze.com/


による書LIVE開催。


シーンと静まった場内の中一筆!


ふたりのリクエストにより“縁”を書き上げる。


『すべてのご縁に感謝しながら、ふたりで生きていきます。』


そしてパーティーもクライマックスの泣かしです。


両家のご両親に花束254と感謝の書を贈呈です。


新郎より来場お礼の挨拶があり、新郎新婦の退場です。


会場出口で新郎新婦のふたりが抽選会の景品をひとりひとりに手渡しながらの


御礼の言葉を添えてお見送りです!     完。


追伸  ゲスト、スタッフ、来場のみなさん、陰ながら応援の声を届けて頂いたみなさま。                   


      心より感謝申しあげます。ありがとうね! 435                         


PHOTO212アルバムはこちらをリンクしてください 155   


                      http://myalbum.ne.jp/user7/fe887407/2/

【報告書】Thank you party ~ピラニア化したKIDS~ (2006/05/04)

おつかれーっす!という訳で前回の続編ですが、EIJIさんの紹介で2階の客席から


『やさしさに包まれたなら』植村花菜の曲に合わせて新郎新婦の登場です!


普段はアジアン系の多い新婦の薄い美輪明宏さんのような


薄いパープルのドレスに身を包み登場に場内はどよめきと一気に空気が


“やさしさ”に包まれました。暖かい拍手と感動の中、新郎新婦登場。


軽ーく“本日入籍しましたー。”みたいな挨拶のあと 着席。そして早々に新郎の恩人により


“乾杯ー!” 275です。しばしお食事Time。  


そして女子プロゴルファー224 高梨カンナさんからのお祝いの手紙と


サインボールの手渡しを皮切りに電報発表。そして


アトラクション第一弾“パーティー参加者に記念品の大抽選会25


こちらの記念品は退場の際に新郎新婦により手渡しでした。


アトラクション第2弾 隠れた名店“パパピアット”(新婦の行きつけの店)のシェフによるお手製の


ウェディングケーキ274の登場です。2段のケーキにうさぎのカップルが乗っかった。


キュートなケーキです。ケーキを運んでくれたパパピアットのオーナー    “松木さんにより


二人に祝辞と手にケーキカット用のナイフを新郎新婦に手渡しました・・・・・・。


これが股。ナイフカバーの形が男性のシンボルの形なんですよ!シェフいわく


“ケーキソウニュウ!”ってカバーを外してちょいマジなケーキ入刀!


場内おおきな拍手424です。・・・・がしかし気が付けば子供205206たちが接近してました。“アッ”という間にBOYの手がイチゴに“パク”って食べたんですよ!     場内大笑い!そしてピラニア229に・・。続く


Photoアルバムです!リンクをクリックしてね!155


 http://myalbum.ne.jp/user7/fe887407/1/

【報告書】Thank you party ~暗闇の中のスタンバイ~ (2006/05/03)

おつかれさまっす!お待たせいた4ました


やっとこさ、イベントの報告が出来る準備が整いました!


さてさて時は2006年4月29日 


鹿児島市のキッチンマイスタにて120名参加(KIDS含む)の


     465Thank you party23 ~M家・A家~】


を情熱家の主催にて開催しました。 


さて当日の朝ですが、10時に会場入りなのに、起きたのが9時半40(車で20分のところに会場)もう慌てマクリですよ。(帰宅したら歯磨きのペーストのフタはアキッパ、クーラーはツケッパ)


慌ててタクシーをひろい、会場入りが10時ギリ29ですよ。セーフ。が、しかし会場は入り口こそ


開いていましたが、場内 38真っ黒クロ助 39“Oh my GOD!”


またまたアワテテ支配人にTEL6。『すみません昨日3時まで店だったので・・・・。』


FUCK91。“あたしゃ寝たの4時じゃい!”暗闇の中、準備を始めてたら数十分後にお手伝いのスタッフがひとり、またひとりと集合の中に支配人が登場。                    


  長かった停電?生活も無事21に終わり・・・・。


サプライズゲストのマイク264とサウンド269のチェックの終わったところで会場30分前。


最終のタイムスケジュールもおわり、いざ客入れです。    つづく

ページ上部に戻る▲
情熱家 雄真  © 情熱家 雄真 2017. (http://jyounetsuka.blog58.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。